便器。 咀嚼

『沙爛様の便器にして下さい。』
そう言いながら、彼は土下座をした。

最近の便器は土下座機能付きが多いみたいだね(笑)

とりあえず、溜まった唾を便器に吐きかける。
するとちゃんと機能しているらしく、便器は正常に作動した。
私が吐き出す唾を零すことなくきちんと処理する。

テーブルの上に置いてあったお菓子も、便器に吐きだす。
それも詰まる事なく、きちんと処理。

その後も、ヨーグルト、パン、おにぎりなど色々試してみる。

全部、処理出来た優秀そうな便器。
じゃあ、私がいーっぱいおトイレしても大丈夫そうだと判断。

何だかやたら便座が高いので無理矢理私が跨れるように高さを調節。
私の便器になりたいっていう割にはあたしサイズに合わせられてないらしい。

イラっとしたので、とりあえず便器を蹴って見る。
何だか人間の呻き声みたいなものが聞こえたような気がしたけど、便器が蹴られて痛がるはずがないので、気のせいだろう。

お昼からずっとお手洗いに行きたかったので、遠慮なく用を足す。

ごぼっ、がぼっ…。

壊れたような音もしなくもないが、どうやら便器は無事処理を終えたようだ。
何やら便器としての仕事を完遂したかのように満足気な便器。

だけど、便器は気付いていない。
あたしが、お手洗いを我慢しつつも水分補給をしていた事に…。

….その小一時間後、便器は便器になることの大変さを思い知る事になった。

便器失格さん、お疲れ様でした(笑)
次は完璧に全部飲めるように頑張ってね!!
ありがとうね☆楽しかったよ~。

 

 

 Mistress 沙爛-Saran-

大阪難波M専科【Ishtar-イシュタル-】
OPEN:13時~22時 不定休
TEL:06-6641-7676
HP:http://ishtar-sm.com/

◆ランキング参加中◆
良い子のマゾは一日1回、クリックして入場よん!!

Twitter https://twitter.com/saranxxx00
Fetlife https://fetlife.com/users/2154433
FaceBook https://www.facebook.com/pages/%E6%B2%99%E7%88%9B/186182991535107