飲みたい、飲みたい。 聖水

「飲みたい。」
いくらそう願ったところで、実際に飲めるかどうかは別の話。
理想と現実の違い。
因みに私は無調整の場合はとても濃いです。
fede64dd
匂いも味もしっかりあるもの。
まずは唾液から。
私の唾液を一口。
「美味しい、美味しいです。」
よぉく味わって飲んでね。
次は私がうがいした後の水を。
それも上手く口を使い、味わって飲む。
喉を潤す水分は私の体液入り。
それがお前を興奮させるポイント。
私の体内を通り、お前に注がれるそれらはお前にとってご褒美。
どんなものより美味なはず。
顔中、私の唾液まみれになり、口から鼻腔から唾液を流し込まれる。
鼻の穴からも楽しみたいなんて欲張りね。
そして最後はお前の待ちに待った、最大のご褒美。
経験がないにも関わらず、ごくごくと喉を鳴らしながら必死で零さない様に飲むお前。
お前が何を感じているのか、聞かなくても分かる。
だってお前の股間のものははちきれんばかりに膨張していたものね。
ありがとうございました。
勇気を出せば素敵な世界が広がるものです。
夢が、願望が叶った気分はどうですか?
もう満足?それとももっと欲しくなってしまった?
また飲みたくなったら遊びにおいで。

Mistress 沙爛-Saran-

大阪難波M専科【Ishtar-イシュタル-】
OPEN:13時~22時 不定休
TEL:06-6641-7676
HP:http://ishtar-sm.com/

◆ランキング参加中◆
良い子のマゾは一日1回、クリックして入場よん!!

Twitter https://twitter.com/saranxxx00
Fetlife https://fetlife.com/users/2154433
FaceBook https://www.facebook.com/pages/%E6%B2%99%E7%88%9B/186182991535107