うつろう。 貞操帯 射精管理

もやもや、考えが纏まらない沙爛です。
たまに、こういう時期があるんだ。
やらなきゃいけない事もやりたい事もあるけど、何だか手をつける事が出来ないでいる時。

そんな時は、ひたすらにもやもやの原因について考え抜くか、
全部ほったらかしにして違う事するかの2択。

そうそう。
私ね、貞操帯の鍵を預かってるの。
かれこれ1ヶ月以上。

2016-04-22 22.36.42

最初はコレ。
普通の鍵だった。

2016-04-23 03.53.35

一度、そろそろ外して欲しいって私の元に来たんだけど…。
またつけるっていうから、どうせならこのまま最長記録を作りたいって思って。
一瞬だけ外して、また別のをつけた。

2016-04-23 06.45.12

新しい鍵はこれ。

よくアクセサリーと間違われる。
「それは十字架?」って聞かれる。

「ううん。貞操帯の鍵。」

つけたいって言って、貞操帯をつけた。
その段階では私には何の感慨もない。
彼の意志で行う事と、私が鍵を預かる事はSMでも何でもないから。

外したいって言い出してからが、本番。
貞操帯をつけるという意志が彼から私へ移ってからがSM。
外したいっていうのを言いくるめて、鍵をつけて預かる。

これでようやく射精管理が始まる。

だからね。
今、私は私の首からぶら下がっている鍵の重みを心地よく感じてる。

貞操帯をつけて生活するのは中々難しい事なのかもしれない。
邪魔そうだし。

つける事と、外す事の意志が私にある射精管理は楽しい。
Mistress 沙爛-Saran-

大阪難波M専科【Ishtar-イシュタル-】
OPEN:13時~22時 不定休
TEL:06-6641-7676
HP:http://ishtar-sm.com/

◆ランキング参加中◆
良い子のマゾは一日1回、クリックして入場よん!!

Twitter https://twitter.com/saranxxx00
Fetlife https://fetlife.com/users/2154433
FaceBook https://www.facebook.com/pages/%E6%B2%99%E7%88%9B/186182991535107